第8回全日本UJ王座決定戦 東日本代表選考会の結果

武相中学3年の吉井康介君が第8回全日本UJ王座決定戦 東日本代表選考会に出場しました。

前回は中学男子36kg級で出場し、全国優勝しましたが(36kg級のシード権獲得)今年は39kgでエントリーしたため、県予選からのスタートになりました。

県予選決勝のブログはコチラ
関東ブロック決勝のブログはコチラ
1660475920452.jpg
東日本各ブロックの代表が集まりますのでレベルは高い。
UJとはいえ、トップクラスとなるとなかなかです。

シードに入ったため準決勝より

〇吉井康介選手VS☓鳥井琉志選手(北海道ブロック 真栄中)
3RRSC

決勝

〇吉井康介選手VS☓杉山烈希選手(東海ブロック 中島中)
5-0
1660390608013.jpg

1660390607816.jpg

日ごろ全国に出場する高校生達と練習をしている中で中学生と試合をするわけですから、精神的にも肉体的にも優位に立てますよね。
そこは大きいと思います。
まだまだ伸びしろいっぱい。

次は東西で戦います。
西日本も強い選手がいっぱいです。
一戦一戦がんばって欲しいです。



部活の様子が動画になっています。 ぜひご覧ください。 https://youtu.be/WFcVu9pG3pg

高知で合宿をしました

今回、インターハイの応援を兼ねて全員で合宿をしました。

学校で決められている合宿費用の上限があるので、安全に楽しく充実した合宿になるよう、頭をひねり予算内におさめ学校の許可を得て実現しました。

地元横浜YCATから高知までは夜行バスを利用。
1659013428147.jpg

できるだけ体の負担を少なくするために独立3列シートにしました。

Wi-Fi完備なのでそれぞれスマホで動画を観るなどして定刻通り高知に到着。
あまり眠れなかった部員も多かったようです。
20220729_083543.jpg

高知駅前観光のバスに乗り換え、インターハイ会場(南国市立スポーツセンター)に直行。
会場はアクセスのよくない場所でしたので、バスは4日間借り上げました。
20220728_153148.jpg20220728_153127.jpg
20220729_095824.jpg
会場では既に選手達と高知入りしていた梶田先生が出迎え集合。
※合宿組の引率は副顧問の山本先生。


この日は瀬筒君、阿部君、岡﨑君、勝又君の4名の試合がありました。
これまでコロナの影響で県外大会の応援はほとんどの部員が初めて。
どこにいていいのか、どうやって応援したらいいのか(今回は声出し禁止)はじめはわからなかったようです。
20220731_123240.jpg

この日行われた4試合はどの試合も目の覚めるような戦いばかりで眠さなど吹き飛んだのではないかと思います。

試合が終わり、バスに乗り込みホテルへ。

食事の後、家族へのハガキを書いてみました。
旅先からハガキを送るなんて、今の時代ほとんど経験していないはずなのであえてこのような企画を試みてみました。

裏面が写真なので宛名面に郵便番号、住所、宛名、文章を書かなくてはなりません。
手本を見ながら書いてはいるのですが、悪戦苦闘していましてかなり個性的な書き方をしている部員もいました。
これも経験!

学校に通えるのも、部活ができるのも、合宿に参加できるのも、家族のおかげ。
直接言葉では伝えにくいことなので、そんな感謝の気持ちを込めて便りを書きました。
受け取ったご家族は「もう少しきれいな字で…」などと思うところはあったかとは思いますが息子からのハガキに喜んでいただけたのではないかと思います。


2日目以降は毎朝6時に起床し、天候や気温をみながら散歩や軽く体を動かしました。
1659775822302-0.jpg

ホテルから数分のところに小さな公園がありそこで運動。

line_898000997950875.jpg
朝食の様子


高知にいる間はフィットネスのできるレンタルスペースを3日間借りて部員たちはそこで練習。
お互いにアドバイスをし合いながら汗を流していました。

20220801_103553 (1).jpg20220801_112644 (1).jpg

試合が早い夕方に終わった日は『高知を知る』ということでバスの運転手さんに日本三大鍾乳洞のひとつである龍河洞に連れて行っていただきました。

35度近い猛暑なのに洞窟入口の20mぐらい手前あたりから冷たい空気が流れてくるという現象(この日の洞窟内の温度は17度ぐらい)に驚きました。
全長4km(通常ルート1km)洞窟の一部は弥生時代の住居があったようで、弥生土器や炉跡などが発見されており国の史跡にも指定されています。

鍾乳石に感動しつつもスタスタと行ってしまう部員、ひとつひとつを興味深く見て歩く部員、様々でした。

引率の副顧問の山本先生は地学・地理が専門なので帰りのバスでちょっとした講義が行われました。

教室での勉強と違って実際に自分の足で歩いて目で見てきた内容なので先生の問いに対して当てずっぽうでもみんなが積極的に答えていたのが印象的でした。

20220730_153505 (1).jpg20220730_155317.jpg

大会4日目に健闘むなしく全員が敗退。

はじめて部員全員で写真を撮りました。
負けた悔しさはあるものの、戦いきったという清々しさと仲間と合流できた嬉しさのようなものが感じ取れる素敵なワンショットになりました。

20220731_134853.jpg

その後坂本龍馬像の立つ桂浜へ

20220731_145012.jpg

20220731_145315.jpg

選手達も試合などの緊張感から解き放たれて、大自然の中リラックスした笑顔でいっぱいでした。

20220731_150853.jpg
line_30459347933899.jpg

合宿組は桂浜水族館、牧野植物園にも行きました。

牧野植物園は牧野富太郎博士の功績を顕彰する施設でてす。
牧野博士は自然豊かな高知県に生まれ幼少期から植物に興味を持ち独学で知識を身に付けていきました。
東大理学部植物学教室への出入りを許され植物分類学の研究に打ち込むようになり、日本人として国内で初めて新種に学名をつけた人。
日本植物分類学の基礎を築いた一人として知られています。

line_30438675070157.jpg

仲間達と一緒に試合を応援し、練習し、楽しんだ4日間だったと思います。
そして高校生の最高レベルの戦いも沢山の刺激と学びがあったはず。

20220729_173228.jpg
このような経験に感謝し、ますます絆を深め、ボクシングもより一層精進してもらいたい。
最後はそのようなお話でした。

今回4日間、㈱高知駅前観光の森本運転手さんがサポートしてくださいました。
line_30370462248985.jpg

20220801_195545.jpg
家族へのお土産を携えてバスへ

line_30340171303476.jpg

高知から鳴門で乗り換えて横浜へ。

急激に感染者が増えている状況でしたので大会関係者と連絡を取りながら計画を進めました。
体温計はもちろんのこと、抗原検査キットも準備し、あらかじめ現地の病院等も調べ、様々な状況を想定しシミュレーションをして合宿に臨みました。
また酷暑であったため、飲料水、塩飴、スポーツドリンクなども十分に準備しました。

そんな心配をよそに4日間、全員元気に過ごし、無事に帰宅。
沢山の笑顔を見ることができた良い合宿になりました。



部活の様子が動画になっています。 ぜひご覧ください。 https://youtu.be/WFcVu9pG3pg



インターハイ準々決勝の結果

インターハイ準々決勝の結果


ライト級

☓岡﨑翔選手VS○秋元啓介選手(青森 青森山田)
0-5

日本人離れした手足の長さと足を使う秋元選手をいかに捕まえられるか、がポイントの試合でした。
観客席にいるボクシング関係者も2分で捕まえる方法がない、と頭を抱える、そんな選手を相手に積極的に攻め2R目にダウンを取りました。
その後、ダウンを取りかえされてしまいましたが、秋元選手からダウンを取れる選手はそう多くはないと思います。
最後まで諦めずに戦いましたが、攻略しきれませんでした。
武相以外の観客から「この試合面白い」といった声が聞こえるようなエキサイティングな内容でした。

悔しさはあると思いますが、立派な5位です。 
20220731_124532.jpg

これで武相のインターハイは終わりました。
準々決勝の試合後会場で全員で記念撮影。
20220731_134853.jpg

その後は桂浜に行きました。
午前中までの天気予報は降水確率が90%
なのにこんなに良い天気になりました。

たまたまなのか、高知の天気は予報とかなり違うことがあるのでびっくりですが、結果オーライです。

20220731_145012.jpg

20220731_150850.jpg
全員で集まることができ、みんな嬉しそうでした。
良い思い出が増えたことと思います。




インターハイの応援、ありがとうございました。
8月19日からは関東ブロック大会(国体予選)が始まります。
選手たちはブロック大会に向けて切り替わっています。

引き続きの応援、よろしくお願いいたします。



部活の様子が動画になっています。 ぜひご覧ください。 https://youtu.be/WFcVu9pG3pg

インターハイ3日目の結果

インターハイ3日目の結果

フライ級
☓瀬筒陸斗選手VS○山口瑠選手(大阪 興国)
0-5
瀬筒君も健闘しましたが、第一シードの山口選手は全てにおいて、レベルの高いボクシングをしていました。
組み合わせもあまり運がありませんでした。


バンタム級
☓阿部一力選手VS○坂井優太選手(兵庫 西宮香風)
0-5
フライ級の瀬筒君同様第一シードの下に入ってしまうという組み合わせの悪さがありました。
健闘はしましたが、坂井選手を攻略することはできませんでした。


ライト級
〇岡﨑翔選手VS☓平井純粋選手(宮城 宮城県農業)
WO


ライトウェルター級
☓勝又俊選手VS○桐越舜選手(北海道 札幌工業)
0-5
入りがもう一つで、うまくはまらずに終わってしまった、そんな試合でした。
チャンスはあっただけに悔しい試合になりました。

20220730_142708 (1).jpg


組み合わせは時の運ですが、初戦からタフな試合が多かったように思います。
全力を尽くしましたが力及ばずで今日は3名が敗退してしまいました。

明日の準々決勝には岡﨑翔選手が出場します。
青森山田の秋元選手(第二シード)を捉えられるかどうか…

エキサイティングな試合になると思います。
引き続きの応援、よろしくお願いいたします。


部活の様子が動画になっています。 ぜひご覧ください。 https://youtu.be/WFcVu9pG3pg

インターハイ2日目 選手以外の部員が合流 そして試合の結果

今回の全国大会は、ちょっと特別な計画を立てました。

従来は選手とサブセコのみ大会に入るのですか、今回は残りの部員全員で応援するために合宿を企画したのです。

今の3年生は緊急事態宣言中に入学しました。
入学式はなんとかできたものの、通学が始まったのが6月。
部活動が再開できたのが7月と、最もコロナに影響を受けていて、これまで合宿等を一度も経験することなく現在に至っています。

仲間との宿泊行事は普段の練習とはまた違った思い出になります。

せめて1回だけでも経験をさせてあげたい、ということで、梶田先生を筆頭に計画を進めました。
ケガ等で2名が参加できなかった事は残念でしたが、このような状況下で合宿を開催することができ、とりあえずホッとしています。

副顧問の山本先生引率。
横浜YCATより夜行バスで高知へ出発。
1659013428147.jpg

次の日の朝高知駅に到着。
さすがに眠そう。

20220729_083543.jpg

会場の南国市立スポーツセンターはとてもきれいな体育館なのですが、アクセスがあまりよくありません。
暑さなどもあるので、今回株式会社高知駅前観光のバスを4日間チャーターしました。

20220729_174509.jpg
20220729_174526.jpg
20220729_173228.jpg
会場では梶田先生が出迎えてくださり、遠路移動へのねぎらいと、この合宿応援の目的や意義を話され、部員たちと共有しました。



2日目の試合の結果

フライ級
○瀬筒陸斗選手VS☓宮竹錬選手(札幌工業)
1RRSC
20220729_121626.jpg

バンタム級
○阿部一力選手VS☓谷口真輝選手(福岡 東福岡)
5-0
20220729_134921.jpg


ライト級
○岡﨑翔選手VS☓植松風河選手(岐阜 中京)
3-2
20220729_155836.jpg

ライトウェルター級
○勝又俊選手VS☓林亮次選手(福岡 東福岡)
5-0
20220729_172222.jpg
20220729_172616.jpg
中学時代の恩師である冨樫ふみ先生がこの一戦のために神奈川から駆けつけてくださいました。
伸び伸びと力強く戦う勝又君の姿を目を細めて応援していらっしゃいました。
少しはご恩返しができたでしょうか。
冨樫先生、遠くまでありがとうございました。


4試合とも、アグレッシブで力強い試合でした。
頭を使いながらも常に攻撃を仕掛け、これぞボクシング、と言える内容でした。
応援する仲間や後輩たちは興奮気味、感動したことと思います。

選手に尋ねると
「みんなの拍手(応援)はとても心強く、背中を押してもらえました」

そんな答えが返ってきました。
仲間の力は大きいですね。

20220729_173556.jpg

初戦から強い相手でしたが、3日目の相手は更に手ごわい選手との戦いです。

「悔いの残らない試合をする」

アスリートにとって一番難しいことです。
ベストパフォーマンスを目指し頑張って欲しいと思います。




部活の様子が動画になっています。 ぜひご覧ください。 https://youtu.be/WFcVu9pG3pg

インターハイが始まりました。開会式から競技初日まで

令和4年度全国高等学校総合体育大会ボクシング競技 第76回全国高等学校ボクシング選手権大会が高知県で開催されています。

会場は高知市の東に位置する、南国市立スポーツセンター。
のどかな田園地帯の真ん中にある立派な体育館です。

20220728_153148.jpg20220728_153127.jpg


フライ級      瀬筒君
バンタム級     阿部君
ライト級      岡﨑君
ライトウェルター級 勝又君
ウェルター級   西久保君

こちらの5名が出場しています。


20220727_152626.jpg

開会式は各都道府県の監督1名、選手1名のみ出席、ということで、感染対策が徹底されていました。
コロナ前はプラカードの高校生を先頭に、北の北海道から順番に行進していたので少々寂しい感じもしますが、致し方のないこと。

有観客で開催していただけるだけでも感謝です。

20220727_150834.jpg

この日はOBの堀尾君とお母さまが高知特産の果物を持って激励にいらしてくださいました。
気にかけてくださり感激です。


20220727_162012.jpg

開会式の次の日から競技が始まりました。
初日はウェルター級の西久保君だけが試合でした。

ウェルター級
✖西久保匠選手VS〇渡邊柊弥選手(静岡県 飛龍)
2-3

どちらが勝ってもおかしくない試合でした。

20220728_162627.jpg

2日目は残りの4名全て試合があります。
納得できる試合にして欲しいと思います。



部活の様子が動画になっています。 ぜひご覧ください。 https://youtu.be/WFcVu9pG3pg

県総体優勝者が表彰されました

目に鮮やかなピッカピカの人工芝のグランドで、県総体(インターハイ予選)の優勝者とインターハイ出場者が表彰されました。


フライ級優勝  瀬筒君
S__216801286.jpg


バンタム級優勝 阿部君
S__216801290.jpg


ライト級優勝 岡﨑君
S__216801296.jpg


ライトウェルター級優勝 勝又君
S__216801294.jpg


ウェルター級 西久保君
※ピン級・ウェルター級・ミドル級は関東大会で5位以上の選手がインターハイに出場することができます。
県総体はこの3階級の試合はありません。

西久保君は関東大会で3位という成績を収めましたので、インターハイ出場が決まっており表彰されました。
S__216801289.jpg

インターハイは7月27日から高知県南国市 南国市立スポーツセンターで開催されます。
高校生の最高峰の大会です。
一試合一試合、納得のできる試合になるようがんばります。

応援、よろしくお願いいたします。




部活の様子が動画になっています。 ぜひご覧ください。 https://youtu.be/WFcVu9pG3pg