合同練習会

今日は浅野高校で合同練習会が行われました。

オール福井、千葉県からは習志野・千葉経済、香川県からは高松工業、栃木県からは作新学院・小山・白鷗大付属、群馬県からは高崎工業。神奈川県からは浅野・横浜総合・鎌倉学園・武相・ジム・ちびっこなど指導者を含めて総勢140名が集まりました。
浅野練習会.jpg
通常のリングと仮設のリングと二手に分かれてスパーリングを行いました。
午前中45試合、午後37試合。選手たちの息遣い、パンチの音、指導者や仲間たちの必死の叱咤激励やアドバイス…
汗ばむような熱気立ち込める練習場でした。

インターハイや国体予選に出場する選手同士の全国トップレベルの試合あり、これからデビューする選手の試合あり、様々でした。

武相は規定に達している1年生4名が初めてのスパーリングをしました。
緊張したことと思います。
鈴木君初スパー.jpg
木村君初スパー.jpg
午後の2回目のスパーリングは午前中と比べると硬さが少なくなり良くなっていました。
初スパー島谷君.jpg
金子君初スパー.jpg
2-3年生も午前中のスパーリングを生かして2度目に臨んでおり、中身の濃い練習になりました。

地元にいながらにして、色々な選手の試合が見られたり、他県の選手とスパーリングができたりと、上達するための環境が整っています。
どんどん吸収して練習や試合に繋げていって欲しいと思います。
2019714初スパー_190714_0001.jpg

0

2019年度版 公式ホームページができ上がりました。

少し遅くなりましたが、2019年度版武相ボクシング部公式ホームページが出来上がりました。
新しい仲間たちもご紹介しています。部員達、そして父母の皆さんのコメントも入れています。

また大会後にはトピックスもアップして参ります。ブログと合わせて時々チェックしてみてください。

20190711_151209.jpg

アスリートフード講座

今日は1・2年生に向けて、アスリートフード講座が行われました。
講師はアスリートフードマイスターの資格を持つ、ワタクシ上田が担当させていただきました。

関東大会予選、関東大会、インターハイ予選で先輩方の試合を応援し、あんな風に強くなりたい、階級はどうしようかな、とやる気モードがグググッと上がっている時期です。

しかし、今はしっかりとした体作りが大切。体重という数値に惑わされず、どのような体を作る必要があるのか、何をどのように食べていくのがいいのか、などをレクチャーさせていただきました。

配布した資料は父母の皆さんとのグループラインにもアップし、共有。

高校生男子が栄養についての知識を身につけるのはなかなか難しいものです。

学ぶ機会を増やし知識を得ることで、これまであまり気にすることのなかった食や体作りに興味を持ち、ご家族が作ってくれる食事に対し、意識をしながら食べていくことが大事。その積み重ねがケガをしにくいバランスの良いカラダを作ることに繋がる、と伝えました。

朝練・授業・放課後練習の後で疲れているにもかかわらず、皆真剣に聞いてくれました。前のめりで聞いていたり、メモをとる部員もいました。質問もあったりなど、強くなりたいというそれぞれの思いが伝わってきて、有意義な時間が持てたと思います。

育ちざかりの高校生。今の成長は大人になったときのベースになります。なので無茶は禁物なのです。

ボクシングは増量あり、減量ありと様々です。昔の間違ったやり方でなく、理論に基づいた現代の知識をベースにアスリートのカラダを作れるようなアドバイスをしていきたいと思っています。
画像

インターハイ予選 準決勝・決勝の結果

準決勝の結果(ポイントはわかるところだけ)
画像

ライトフライ級
×戸村龍世選手VS田中優輝選手(保土ヶ谷)
判定1-2
身長が高く、経験も豊富な田中選手に対し、積極的懐に入り込み果敢に攻めていました。
1年生ながらよくがんばりました。
画像

フライ級
○藤田時輝選手VS×曽我部聡選手(鎌倉学園)
1RRSC

貫禄ある戦いでした。

×大舟純聖選手VS○長谷川拓磨選手(横浜総合)
これまで同門同士の試合しか経験がありませんでした。まだ課題はありますが、次につながる試合になりました。
画像

バンタム級
○長尾夢羽選手VS×島本城大朗選手 同門対決
判定3-0
入学以来、切磋琢磨してきた良き仲間との引退をかけての対戦でした。
ガチンコのレベルの高い試合でした。どちらも勝たせたい、そんな思いで応援していました。
感動しました。
画像

ライト級
×新井大貴選手VS○田村隆希選手(新栄)
判定1-2
28-28の○が2名という、本当に競った試合でした。
個人的には僅差で新井君か、と思うような内容でした。ジャッジも割れており、大変悔しい結果となりました。
画像

決勝の結果

フライ級
○藤田時輝選手VS×長谷川拓磨選手(横浜総合)
1RRSC
力の差がありました。昨年のインターハイ準優勝者として全く寄せ付けない試合運びでした。
画像

バンタム級
○長尾夢羽選手VS×坂田渉選手(鶴見総合)
判定2-1
前半は待ちの時間が長く、ポイント的には競る形になりましたが、最終ラウンドは先に仕掛け、ダウンも奪いました。僅差の僅差でしたが、制することができました。初のインターハイ出場です。
画像


学校対抗 優勝
画像
優勝・準優勝・3位(田中空君は世界大会に出場のためこの日は不在)

この結果により、フライ級の藤田君、バンタム級の長尾君、ライトウェルター級田中君の3名が今年7月28日から宮崎市で行われる高校総体(インターハイ)に出場します。引き続き応援、よろしくお願いいたします。

インターハイ予選は武相で行われました。
1・2年生が中心に試合ができる環境を作ってくれました。
試合後も椅子やテーブルを片づけたり、サンドバッグを取り付けたり、とみんなで楽しそうに作業していました。
画像

画像

応援も人任せにせず率先して声を出していました。先輩や仲間たちの試合に刺激を受け、更に練習し、力をつけていくことと思います。
画像

インターハイ予選の4日間、応援ありがとうございました。







インターハイ予選が始まりました。


インターハイ予選初日の結果

ライト級
○河津瑛亮選手VS×永山樹貴也選手(小田原城北工業)
判定

ライトウェルター級 決勝
○田中空選手VS×廣瀬誠治選手(慶應義塾)
1RABD
画像

世界大会に出場するため、6月9日、ハンガリーに向けて出発しました。
存分に戦ってきて欲しいと思います。

インターハイ予選2日目の結果

ライトフライ級

○戸村龍世選手VS×藤田国暢選手(横浜総合)
判定
相手選手は藤田時輝君の弟さんです
画像



フライ級

×櫻井龍選手VS○曽我部聡選手(鎌倉学園)
判定
画像

×門本晃選手VS○長谷川拓磨選手(横浜総合)
判定
画像

バンタム級

○長尾夢羽選手VS×中里蓮選手(横浜明豊)
1RRSC
画像

○島本城大朗選手VS×森田雄伍選手(慶應義塾)
1RRSC
画像

×篠田大翔選手VS○坂田渉選手(鶴見総合)
判定
篠田君は3年生ですので、本日が高校最後の試合になりました。ボクシング未経験で入部。真面目に練習し、努力を積み重ねてきました。初勝利までは遠い道のりでしたが、この勝利を機に飛躍し、関東大会に出場。そしてベスト4という結果を残すことができました。
まだまだ伸びしろいっぱいです。これからもボクシングを続けていって欲しいと思います。
画像

ライト級

○新井大貴選手VS×河津瑛亮選手同門対決
判定3-0
画像

画像

インターハイ予選は来週も続きます。6月15日・16日武相高校にて。12時競技開始。
引き続き応援、お願いいたします。

関東大会決勝の結果


まずは結果から

フライ級
○藤田時輝選手VS×花田颯選手(埼玉 秀明英光)
判定4-1
技術・パワー・切れ味など藤田選手の能力を存分に生かした貫禄ある素晴らしい試合でした。
今年1月に開催された関東選抜大会決勝では藤田選手のインフルエンザ発症により戦うことができなかった相手でした。
画像

ライト級
○新井大貴選手VS×吉田淳平選手(東京 駿台学園)
判定4-1
新井君らしい力強い戦いで、3R全てを支配しました。これまでは試合ごとに波がありましたが、関東選抜大会・関東予選・関東大会と自分の力を安定的に発揮できるようになってきました。
初タイトルです。
画像

ライトウェルター級
○田中空選手VS×浅川拓斗選手(千葉 沼南)
1RABD
ちまたではハマのタイソンと呼ばれていますが、世界レベルの技術と田中空パンチが炸裂する試合でした。
相手陣営からタオルが投げ込まれ、ストップになりました。
画像

見事3名が優勝

最優秀選手賞に田中空選手が、技能賞に藤田時輝選手が選ばれ、三賞のうちふたつをいただきました。
画像

画像

画像

学校対抗も3位に輝きました。
画像

5名と少ない出場の中3名が優勝。そのような中での3位入賞は立派です。
優勝数は今大会最多です。
このほか神奈川県からは3名が決勝戦に出場。武相選手と合わせて6名が戦い、全員が優勝しました。
チーム神奈川として全員で応援し、リングで戦う選手の後押しをしました。
他校の選手を含め、それぞれが健闘した大会となりました。
画像

また指導者、関係者、補助員のキメ細やかな準備や運営により、良い大会になりました。お疲れ様でした。

8日からインターハイ予選が始まります。
ほとんどの3年生は負けた時点で引退になります。
悔いのないよう、頑張って欲しいと思います。

引き続き応援、よろしくお願いいたします。





関東大会 準決勝の結果



関東大会 準決勝の結果

フライ級
○藤田時輝選手VS×小池竜斗選手(東京 駿台学園)
2RRSC
動き、スピード、切れ味など持ち前の実力を十分に発揮した藤田君らしい試合でした。
画像

×篠田大翔選手VS○関純輝選手(埼玉 花咲徳栄)
判定1-4
一歩も下がらずしっかりと打ち合いました。気持ちの現れた試合でした。
画像

ライト級
○新井大貴選手VS×日向和輝選手(千葉 習志野)
1RRSC
力強く重いパンチで新井君らしく圧倒しました。
画像

ライトウェルター級
○田中空選手VS×森脇海人選手(東京 駿台学園)
3RDSQ
相手の反則による失格でした。
田中君のパンチをかわし、攻めていくための動きだったのではないかと思います。
画像

決勝には藤田君、新井君、田中君の3名が進出。
それぞれ悔いのない試合をして欲しいと思います。

今回選手以外の部員は補助役員として朝早くから、試合後の片付けまで連日大会のサポートを献身的にしてくれています。
画像

画像

画像

大変だとは思いますが、県外の大会の雰囲気を感じたり、またレベルの高い試合を観ることができます。
お手伝いをしながらになりますが、様々な事を吸収して欲しいと思います。
今日も沢山のOBやOB父母の皆さんがいらしてくださいました。
嬉しい限りです。写真の撮れなかった方すみません(^^;
画像

画像

画像