第71回国民体育大会 関東ブロック大会 ボクシング競技

本日、関東ブロック大会が始まりました。

国体予選でミニ国とも呼ばれています。
関東1都7県、合計8団体から上位4位の都県のみ国体本大会に出場できます。

勝ち点や順位でポイントがあり、合算した総合得点で順位が決まるのです。

それぞれの団体(都県)が5階級を選びます。

関東で強い選手が多そうな階級を外すなど、どの階級のどの選手を選ぶのか、そこから戦いは始まってます。

個人の成績はありますが、完全に団体戦です!

神奈川少年の部
渡来君、山田君、藤村君、そして他校の豊嶋君、松本君の5名で戦います。

初日の結果

ライトフライ級
○豊嶋海優選手(横浜総合)VS×小山涼介選手(埼玉県 秀明英光)
判定 3-0

フライ級
○松本佳佑選手(みなと総合)VS×吉田黎斗選手(群馬県 伊勢崎工業)
判定 3-0

ライトウェルター級
○山田陽一朗選手VS×天野瑛介選手(千葉県 流山)
判定 2-1
画像

神奈川県少年の部は全試合勝利しました。負けがついていないのは神奈川県だけですので、まずまずのスタートです。
今回、いつも密着してくださるテレビ神奈川[部活応援プロジェクト しゃかりき]のMCであるDJジッパーこと中尾諭介さんが会場にかけつけてくださいました!

武相ボクシングTシャツを着て、大きな声でリングの選手を応援してくださっていました。
ミュージシャンだけあって(?!)声が通るんです。きっと山田君にも届いたに違いありません。
画像

いつも追っかけてくださっているので、部員達にとってもアニキ、のような存在。
みんな嬉しそうでした。
画像

明日もチーム神奈川でしっかりと戦います。

応援、よろしくお願い致します。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック