第72回国体代表県選考会(成年)

国体選手選出のための指針となる選考会が神奈川大学で行われました。

国体ブロック大会(国体予選)は少年(高校生)と成年(それ以上)がありますが、いずれも5階級選ばれます。
どの階級にするか、どの選手にするか、がとても難しく、特に個人戦の少ない成年ではこのような選考会を経てそれぞれの実力をはかり、それを元に選出する、とても大事な試合となります。

武相からは6名のOBが出場しました。

3月11日

バンタム級
○渡来美響選手VS×牧山統一選手(拳誠ジム)
1RTKO
圧勝でした。
画像

3月12日

バンタム級

×下永誉斗選手(中央大)VS○渡来美響選手(武相)
判定
OB対決となりました。現役時代も仲の良い二人でしたので複雑な気持ちでどちらも応援していました。
とてもレベルの高い試合で見応えがありました。
試合後、抱擁し健闘を称えあっていた姿が印象的でした。
画像

画像

ライト級
○堀尾裕司選手(日本体育大)VS×矢野健太郎選手(慶應大)
1RTKO
変わらぬスタイルであっという間に仕留めた試合でした。
画像

ライトウェルター級
×山田陽一朗選手(武相)VS○久野将太郎選手(東洋大)
判定
久野選手は弟さんが武相ですので同門ではありませんが他の選手より身近な部分がありました。
山田君にとって初のギア無しの試合。選手はそれほどの違いは感じていないようですが、応援する側はドキドキしてしまいます。ここから新たなボクシング生活が始まります。頑張って欲しいと思います。
画像

画像

ウェルター級
×河津光貴選手(法政大)VS○北岡秀石選手(慶應大)
判定
僅差の試合でしたがスタミナやこの時期の練習量の違いが出てしまったような感じがしました。
画像

ミドル級
×田島正樹選手(専修大)VS○林麟太郎選手(慶應大)
判定
自分の試合をしっかりとできれば結果は違っていたのではないか、といった内容でした。さらに練習を積んで頑張って欲しいと思います。梶田先生にセコンド入ってもらえ、とても嬉しそうな表情が印象的でした。
画像

画像


大学生の試合でしたが、後輩達が全員が駆け付け、応援したり、サブセコンドにも就きました。
また先日プロテストに合格した石澤君やOBの小川君も応援にかけつけるなど多くの方が選手に声援を送りました。
画像

OBになると先生との関係もまた変わってきますね。どちらも嬉しそう。。。
画像


高校生の試合を見慣れていると、ギアなど装備も時間も変わるのでドキドキする部分もあります。
逆に表情や息遣いがダイレクトにわかり違った面白さも感じました。

OBやOB父母とも会え、結果とは別に貴重な時間を過ごすことができました。




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック