神奈川新聞に掲載されました

先日神奈川新聞の織田記者が武相ボクシング部の取材のために来校。

神奈川新聞の連載コラム『with 模索する部活動』の4回目(7月20日)に掲載していただきました。

2020神奈川新聞瑛晃.jpg


2020神奈川新聞取材先生.jpg

梶田先生や河津キャプテンへのインタービューだけでなく時間をかけて練習の様子をじっくりと見ていただきました。

-2Viber_画像_2020-07-22_23-05-12.jpg
Viber_画像_2020-07-22_23-05-12.jpg

-1Viber_画像_2020-07-22_23-05-12.jpg


部員たちの様子や心の取材をしていただき感謝です。
ありがとうございました。







スタディサプリを「無料」で受けよう!

練習見学会

父母総会の前に練習見学どうぞ、のご案内をしたところ10名近くの父母の皆さんがいらしてくださいました。

高校生男子、部活のことなどなかなか話してくれず、様子がわからない。。。

親にとっては貴重なチャンスなんですね。


2020練習見学.jpg

もくもくと練習する姿や雰囲気も多少わかっていただけたのではないかと思います。



高校生として試合がすべてなくなってしまった3年生が後輩達の指導を積極的にしてくれています。

なんとなくのんびりとしている優しい子たちですが、最高学年になると存在感や安定感が出てくるのか、頼もしく感じます。

成長なんですね。

20203年生.jpg

※現在目の治療中で光を遮るためにサングラスをしている部員がいます。ご容赦を。


動画横になっいたらすみません。

練習指導.jpg
5練習.jpg

自主練タイムではアンダーで大会出場経験のある1年生が初心者の部員にアドバイスをしたりとこれまで部活ができなかった分を取り戻そうと、はやる気持ちを抑えながら積極的に取り組んでいるようです。

全員練習が始まったのが7月の上旬から。

まだ10日ほどですが、活気ある練習ができています。

4練習.jpg


元気に練習している様子を父母の皆様に見ていただけてなによりです。







2020年上期父母総会

武相ボクシング部では上期・下期の総会をとても大事に考えています。

試合の応援や親睦会など基本的には父母の参加は自由です。

しかし年に2回の総会と2月に開催される送別会は万障繰り合わせていただくという考え方。

皆さんお忙しいですから通常は1ヶ月半前には日時を通達しています。

しかし今回は新型コロナ感染拡大の影響で、通常授業が開始され学校の許可がおりてからなるべく早いタイミングで、ということで急遽日程が決まりました。

そんな急なお知らせにも関わらず、ほとんどの方にご出席いただきました。


入口で検温と手指消毒、そしてマスク着用、一定の距離を確保し横並び、とあらゆる対策を講じて行いました。

手指消毒 検温.jpg

総会は櫻井会長の挨拶からスタート。

父母総会2020上期.jpg

会計担当の里見さんより会計報告。


皆様からお預かりしている大事なお金ですので報告書を全員に配りそれを見ていただきながら収支報告をしています。

また台帳、領収書添付ノートもひとりひとりが見られるよう、強制的に?!回し、全員に目を通していただきました。


その後今年から入られた副顧問の山本廉先生の挨拶

山本先生.jpg

山本先生はこの春大学を卒業され、専任として武相学園に着任されました。
社会科がご専門。

ボクシング部のサポートを積極的にしていただいています。
フットワークも軽く情報処理能力も高い。
なによりフレッシュです!!!

教員としてはもちろんのこと、部員たちとも年齢が近いですから良き相談相手としてもご指導いただければと思っています。


次は梶田先生のご挨拶

『今年は新型コロナ感染拡大の影響で全国選抜・関東予選・関東大会・インターハイ(予選はオリンピックの関係で関東大会がインターハイの予選となっていました)・国体までが中止となり、仕方がないとはいえモチベーションを保ちにくい中で練習しています。


3年生は1度も試合をすることなくボクシング部を終えてしまう中、最高学年としての責務を果たそうと練習を休むことなく(1名一般受験のため学業にシフト)後輩達の練習サポートに入っておりしっかり面倒をみてくれています。

新人戦など先のことはわかりませんが、練習できる環境に感謝し、積み上げていって欲しいと思っています。』



そのようなご挨拶がありました。

相談役兼後援会長の上田よりご挨拶。
自分の役割と父母会の在り方などを簡単に説明しました。

その後は中学生父母の皆さんから順番に自己紹介。
新入部員の皆様は緊張したことと思いますが、ボクシング部に入部した経緯などをお話くださいました。

質疑応答があり、無事終了。


現在試合もありませんので皆さんと顔を合わせる機会がありません。
総会という硬い席ではありますが、お目にかかれたこと、とても嬉しく思っています。

武相ボクシング部は無理なく楽しく部活をサポート、がモットー。
1年の中の3日、ここだけ抑えていただければあとは自由なのです。
強豪校にありがちな「絶対的」なものはありません。

ですので父母間も学年を越えて仲がいい。

みんなで先生や部員を支えていきたいと思います。












【極秘】スタディサプリ(小学生)|中学受験 合格に導く2つの裏技

今年度初取材!!!!!! やっぱりいいですね、部活

7月2日から通常授業となり、部活も全員での練習が開始。


公式ホームページを更新するため個人写真・全員写真・練習風景と新入部員の方へのインタビューをしてきました。


本年度は中学1年生・高校1年生・他の部活から入部した高校2年生、計11名が新しく仲間入り。



武相は中高ありますが、基本高校生が中心の部活でした。
今年は1名加わり各学年1名ずつ揃いました。

中学生トリオ.jpg



武相ボクシング部は経験者揃いと思われがちですが、アンダーで活躍していた選手から初心者までキャリアも様々。


今年も様々なキャリアの生徒が入部してくださいました。

新たに11名が仲間入り。

元気に盛り上げていってくれると思います。

2020新入部員たのしい版.jpg



全員写真

2020全員写真 たのしい版.jpg



ホームページの掲載するために個別の写真は真面目なポーズと楽しいポーズをお願いしました。


毎年そうですが、新入部員の方々は「楽しいヤツください」というと困惑顔笑



しかし1年も経つとサラリとアピールしてくれます。


こうや 楽しい版.jpg


アピール力、こういった部分も成長なんですよね。



今日は神奈川新聞の織田記者が取材に来てくださいました。

キャプテンの河津君のインタービュー


2020神奈川新聞瑛晃.jpg




そして梶田先生への取材

2020神奈川新聞取材先生.jpg



今年は新型コロナ感染拡大の影響で休校となり、県大会・全国大会も中止。


こちらはもちろんのこと、記者の方にとってもこれまで経験のない取材ではないかと思います。



私は新年度に入り始めて練習を取材。

なんと4-5ヶ月ぶりなんですね。


みんな大きくなっていることに驚きました。

身長だけでなく、雰囲気がなんとなく変わっている。



そして新3年生がグンと大人になっていました。

存在自体も指示の出し方も。


すごく頼もしく見えました。


そして1年生の新鮮なエネルギー。

新たな風が吹き込んでいる、そんな印象でした。


毎年言えることですが、新しい代になるとちゃんとその年の色になるんですね。

まだ始まったばかりですからこれからがますます楽しみです。


練習.jpg

一力と健心.jpg

2020練習風景 サンド.jpg



新型コロナ感染拡大は収束しておらず、まだまだ先が不透明です。
子供たちが安心して学校生活や部活動を送れる日が早くやってくることを願うばかりです。


どんな状況でも武相ボクシング部は梶田先生を筆頭にみんなで力を合わせて前に前に進んで参ります。


これからも応援、よろしくお願いいたします。














ぱんだ小学校オンライン.JPG














ダイエットしたい方はソイプロテインがおすすめ




24時間菌の増殖を防御。強い味方ですね。