テーマ:試合結果

インターハイ予選 準決勝・決勝の結果

準決勝の結果(ポイントはわかるところだけ) ライトフライ級 ×戸村龍世選手VS田中優輝選手(保土ヶ谷) 判定1-2 身長が高く、経験も豊富な田中選手に対し、積極的懐に入り込み果敢に攻めていました。 1年生ながらよくがんばりました。 フライ級 ○藤田時輝選手VS×曽我部聡選手(鎌倉学園) 1RRSC 貫禄ある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インターハイ予選が始まりました。

インターハイ予選初日の結果 ライト級 ○河津瑛亮選手VS×永山樹貴也選手(小田原城北工業) 判定 ライトウェルター級 決勝 ○田中空選手VS×廣瀬誠治選手(慶應義塾) 1RABD 世界大会に出場するため、6月9日、ハンガリーに向けて出発しました。 存分に戦ってきて欲しいと思います。 インターハイ予選…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

関東大会決勝の結果

まずは結果から フライ級 ○藤田時輝選手VS×花田颯選手(埼玉 秀明英光) 判定4-1 技術・パワー・切れ味など藤田選手の能力を存分に生かした貫禄ある素晴らしい試合でした。 今年1月に開催された関東選抜大会決勝では藤田選手のインフルエンザ発症により戦うことができなかった相手でした。 ライト級 ○新井大貴選手VS…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

関東大会 準決勝の結果

関東大会 準決勝の結果 フライ級 ○藤田時輝選手VS×小池竜斗選手(東京 駿台学園) 2RRSC 動き、スピード、切れ味など持ち前の実力を十分に発揮した藤田君らしい試合でした。 ×篠田大翔選手VS○関純輝選手(埼玉 花咲徳栄) 判定1-4 一歩も下がらずしっかりと打ち合いました。気持ちの現れた試合でした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

令和初の関東大会がはじまりました

令和元年度第61回関東高等学校ボクシング大会 令和元年度関東高等学校女子ボクシング大会 は神奈川県茅ヶ崎市にある茅ヶ崎市総合体育館で開催されています。 31日に開会式が行われ、選手の代表としてキャプテンの藤田時輝君が選手宣誓を行いました。 しっかりとした声で心に届く見事な宣誓でした。 初日の6月1日の結果から …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019横浜市民大会

新人の登竜門、横浜市民大会が横浜文化体育館にて開催されました。 この大会は10戦以内の選手が出場できる大会です。 選手を代表して3年島本城大朗君が選手宣誓を行いました。 堂々としていて力強い宣誓でした。 Uj(小・中学生)の部 60kg級 ○吉田聖音選手(武相中2年)VS×鈴木晄選手(関東学院中) デビュ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

関東大会県予選決勝の結果

フライ級 ○藤田時輝選手(3年)VS×篠田大翔選手(3年)  同門対決 3RRSC インターハイ準優勝、関東大会優勝、関東ブロック大会優勝の藤田選手に対し、高校から初心者で始めた篠田選手が果敢に攻めました。力の差はありましたが、打ち負けない場面もありました。実力差のある仲間との戦いでしたが、藤田選手もしっかりと自分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

関東大会県予選会 準決勝の結果

まずは結果から フライ級 ○藤田時輝選手VS×戸村龍世選手(同門対決) 2RRSC I(鼻血によるストップ) 戸村君は1年生ながら藤田選手に対し、果敢に攻めました。怯まず攻める戸村選手の精神的な強さ、そしてそれをも寄せ付けない藤田選手の上手さが光る試合になりました。 同門対決では双方部員がセコンドに入ります。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

関東大会神奈川県予選が始まりました

平成31年度 第61回 関東高等学校ボクシング大会県予選会が始まりました。 インターハイ準優勝の藤田時輝選手(フライ級)と全国選抜大会2連覇の田中空選手(ライトウェルター級)を回避されたのか、それ以外のバンタム級とライト級に多くの選手が集まり、激戦となっています。 フライ級は5名がエントリーし、すべて武相と珍しい現象も発生してい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全国選抜大会 決勝の結果

ライトウェルター級 ○田中空選手(日連推薦)VS×高橋麗人選手(沼南 日連推薦) 判定3-2 昨年の全国選抜大会決勝と同カード。 ガチンコ勝負で息を飲む展開でした。 昨年同様、勝利を引き寄せることができました。 見事優勝です。 大会2連覇です。 また優秀選手賞もいただきました。 今回は藤田時輝君と田…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全国選抜大会 準々決勝・準決勝の結果

全国選抜大会  準々決勝 ライトウェルター級 ○田中空選手VS×大橋空選手(西宮香風 関西) 3R1分18秒RSC 準決勝 ライトウエルター級 ○田中空選手VS×由良謙神選手(日連推薦 芦屋学園高校) 判定5-0 日連推薦同士のレベルの高い戦いでした。 明日の決勝も日連推薦の選…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全国選抜大会

平成30年度 第30回全国高等学校ボクシング選抜大会 兼 JOCジュニアオリンピックカップがALSOKぐんまアリーナにて開催されています。 この大会は各ブロック(北海道、東北、北信越、関東、東海、近畿、中国、四国、九州)の上位1-2名(ブロックにより定数が異なる)、開催県の群馬、日連推薦と全国の猛者が集まる大会です。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第62回東京・神奈川高校ボクシング定期戦

2月11日に第62回東京・神奈川高校ボクシング定期戦/第19回富久杯が都立府中東高校にて開催されました。 この大会は東京都と神奈川県の対抗戦ですが、2003年の日比谷線中目黒駅での脱線衝突事故で無くなった富久信介さん(当時高2 麻布学園・大橋ジム会員)を偲ぶ大会でもあります。 富久杯としても19回を迎える伝統ある交流戦です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

関東選抜大会

1月25日~27日、群馬県前橋市にあるALSOKぐんまアリーナにおきまして関東選抜大会が開催されました。 大会期間中は晴天ではあるものの、上州特有の刺すような冷たい空っ風が吹き荒れ、また土曜日の夜には粉雪が舞う、群馬の冬らしい3日間でした。 関東選抜大会は全国選抜大会の予選になります。 関東1都7県の1位通過が集まるA、2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新人戦

11月4日・11日・18日と浅野高校にて新人戦が行われました。 決勝まで進んだ上位2名が1月に行われる関東選抜大会(前橋)に出場することができます。 また優勝者はA代表となり、関東選抜大会で上位に入ると全国選抜大会に進むことができる、全国に繋がる大会です。 フライ級 ○藤田時輝選手VS×李ぽんぜ選手(慶應義塾) 1RR…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横須賀市民体育大会

平成30年度第91回横須賀市民体育大会ボクシング競技会が横須賀サブアリーナで行われました。 この大会は10戦以内の選手に出場資格があります。 新人の登竜門。実績と照らし合わせ、実力の近い選手同士の組み合わせにしています。 武相からは2年篠田君、1年河津君が出場しました。 フライ級 ○篠田大翔選手VS×島田拓美選手(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

関東ブロック大会決勝の結果

少年の部 ライトフライ級 ○藤田時輝選手VS×平塚駿之介選手(栃木県 作新学院) 判定3-2 決勝にふさわしい、技術バワーともにレベルの高い試合でした。 点数的には僅差ですが、全体的には藤田選手がやや優勢に感じられました。接戦をしっかりと掴みとった力強い素晴らしい優勝でした。 成年の部 ライト級 ○渡来美…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

関東ブロック大会 2日目までの結果

第73回国民体育大会関東ブロック大会ボクシング競技が茨城県で行われています。 関東1都7県それぞれ5階級の選手が出場しトーナメントが行われ、設定されている勝ち点や順位点を合計し、上位4団体が国体の出場権を得ます。 各団体、どの階級に選手を出していくかすでにその選考から戦いが始まっています。激戦の階級を回避したり、全体として人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岐阜インターハイ決勝の結果

岐阜インターハイ決勝の結果 ×藤田時輝選手VS○堀川龍選手(栃木 作新学院) 判定1-4 準優勝 見ごたえのある試合でした。一歩も引かず攻めましたが、コンマ何秒ですが相手の仕掛けが早く、打ち合っているにも関わらず後手の印象を受けてしまう部分がありました。優勢だったラウンドもありましたが自分に流れを引き寄せ切れなかった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岐阜インターハイ準決勝の結果

岐阜インターハイ準決勝の結果 ライトフライ級 ○藤田時輝選手VS×高見亨介選手(東京 日出通信) 判定3-2 気負いのためか入りが固く、相手選手のペースになりかけました。2R目以降はプレスを強くかけながら組み立てることで藤田ペースを取り戻し、最後は持ち味を発揮したラウンドになりました。 連日、僅差の試合ですが、一発勝負…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岐阜インターハイ準々決勝の結果

岐阜インターハイ準々決勝の結果 ライトフライ級 ○藤田時輝選手VS×登本尊大選手(香川 高松工業) 判定4-0(1名28-28) サウスポーでリーチの長い選手相手に序盤固さのためかペースを掴みきれず1Rポイントを取られてしまいました。 しかし藤田ペースを取り戻しダウンを取るなど逆転の展開でした。準々決勝だけあり汗水握る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岐阜インターハイ3日目の結果

ライトフライ級 ○藤田時輝選手VS×田中将吾選手(大阪 浪速) 判定3-2 両者とも終始一歩も引かない見応えのある試合でした。 田中選手は第一シードですので技術もパワーもありましたが、1R目から藤田選手が試合を優位に進めていました。一瞬たりとも気を抜けないタフな展開でしたので3R目は最後の一滴まで振り絞るような気迫のラウ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インターハイ決勝の結果

ライトフライ級 ○藤田時輝選手VS×伊藤駿選手(慶應義塾) 2R RSC 全国大会上位の藤田選手ですので、終始試合を支配し、2Rでストップ。 フライ級 ○飯田竜斗選手VS×長尾夢羽選手(同門) 判定 同門対決。どちらに軍配が上がってもおかしくない試合でした。2年生の長尾選手もとても良い動きをしていましたが、3年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インターハイ予選準決勝の結果

インターハイ予選準決勝の結果 フライ級 ○飯田竜斗選手VS×米山太葵選手(浅野) 判定2-1 実績ある米山選手に対し常に先に先に仕掛けていた飯田君が試合の主導権を握る形になりました。対戦した過去があり最後の対戦でリベンジを果たすことができました。 ○長尾夢羽選手VS×清田直選手(鎌倉学園) 判定 リーチの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インターハイ予選 2日目の結果

インターハイ予選2日目の結果 ライトフライ級 ○飯田竜斗選手VS×米田大介選手(慶應義塾) 判定 フライ級 ×篠田大翔選手VS○清田直選手(鎌倉学園) 1RRSC ○長尾夢羽選手VS×橋本有人選手(慶應義塾) 2RRSC バンタム級 ×島本城大朗選手VS○吉見武久選手(浅野) 判定 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インターハイ予選

平成30年度 第72回全国高等学校ボクシング大会県予選会(県総体) インターハイ予選 昨日6月9日の結果 フライ級 ○長尾夢羽選手VS×南部峻佑選手(みなと総合) 2RRSC バンタム級 ○島本城大朗選手VS×柳沢響介選手(みなと総合) 1RRSC どちらもしっかりと勝つことができました! …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成30年度第60回関東高等学校ボクシング大会

6月1日~4日、茨城県立水戸桜ノ牧高等学校常北校にて開催されました。 新緑が眩しくさわやかな風が流れ込む体育館でしたが、リング上では熱い戦いが連日繰り広げられていました。 6月2日 フライ級B ×飯田竜斗選手VS○千吉良将也矢選手(東京 日出) 判定1-4 ライト級A ○新井大貴選手VS×海老原彰人選手…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第71回関東大学ボクシングリーグ戦が今年も始まりました

1部(6校)・2部(6校)の試合はボクシングの聖地、後楽園で行われます。 今年もいよいよ始まりました。 1部はライトフライ級~ミドル級の9試合(バンタム級・ライト級のみ2試合) 2部はライトフライ級~ミドル級の7試合 下永君(中央大)、河津君(法政大)、堀尾君(日体大)、田島君(専修大)、渡来君(東洋大)、山田君(駒澤大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横浜市民大会が開催されました

新人の登竜門、横浜市民大会が横浜文化体育館で行われました。 まずは結果から フライ級 ×篠田大翔選手VS○米田大介選手(慶應義塾) 判定 関東県予選でも対戦した相手でした。その時の試合よりも強い気持ちで粘り強く戦っていました。リベンジは果たせませんでしたが一歩前進した収穫のある試合でした。 バンタム級 ×島…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ASBCアジアユース選手権大会 準決勝

準決勝の結果 トルクメニスタンのODAYEV SAPARMYRAT選手との準決勝 残念ながら判定で負けてしまいました。 田中選手も良く攻めていましたが、相手がしっかりとガードしていたので打ち崩せませんでした。 海外の試合は気候や会場の独特な雰囲気、食住などの環境変化への順応力が鍵になります。また日の丸を背負う責任…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more